種類を比較しよう

事務所と廊下

ネームプレートも最近ではさまざまな種類のものがあるので、用途により作成することをおすすめします。これまでネームプレートといえば、プラスチックの板に名前、企業名などを表記したシンプルなものがほとんどで、サイズ的にも数センチ程度で長方形のものが主流でしたが、近頃では写真入りものや、ID情報を書き込めるタイプのものなど、個人や企業の仕事の環境に合わせたものが使われるようになってきています。さらに大きさに関しても、従来の小型のものから、倍以上の大きさがあるタイプのものまで出てきています。一般的に小型でシンプルなネームプレートは事業規模の小さい中小企業などで使われており、大型でID情報などを扱えるものなどは、接客業などの業種や機密事項を扱う企業などで使われています。

このように、ネームプレートを作成する場合には、どのような使用目的なのかにより作成するネームプレートも変わってきます。一般的な企業であれば、従来のネームプレートで十分ですし、建設業や製造業などの肉体労働の現場で使うのなら、あまり大きなものでは怪我をする可能性もあります。同様に首から下げるタイプのものも危険なので避けなければいけません。一方で、飲食店、家電量販店などの接客を主にした業種であれば、大型のネームプレートを使用したほうが、店舗名や名前以外にもちょっとしたキャンペーン情報等を入れることもできるので、こういった業種では大型のネームプレートを使用していることが多いようです。これらのことを参考にして、使用目的に合ったネームプレートを作成してください。