所有する意味

椅子の多い会議室

新入社員にとってしばらくの間は会社内にいても落ち着かず、常に緊張しきっている状態が考えられますが、このような状態であっても企業においては、新入社員においても社員であることから、営業職であれば、外回りの営業に上司とともに向かうことがあると思います。この中で、名刺は必ず持参し、相手企業にわたすことになりますが、いくら研修時に名刺交換の練習はしていたとしても、実践では同じようにできる補償はありません。二人で相手企業に向かうときは、必ず上司が先に名刺交換されますので、それを見て観察し、最初は真似をするだけでも良いのです。失敗しても最初は笑い話ですみますので、逆にできるほうがおかしいのですから。これぐらいの気持ちで仕事に向かいましょう。

名刺の重要さは自身の照会によるものだけではありません。会社の顔も背負っているということを認識してください。名刺には貴方の名前と、会社の名前もはいっているはずであります。ただの名刺ではなく会社の名前も入れるということの意味を自身でも考えてもらえたら重要さがわかってくると思います。渡した名刺は相手が保管し、連絡したいとこがあれば、会社の名前から担当者が分からない場合に名刺入れから貴方が交わしたものを探し出し、確認することがあるのです。このような活用のためにあるのが名刺なのです。名刺はいつどこで交わす、渡さなければいけないときがありますので常に鞄に入れておくとか、財布に何枚かは入れておくとか工夫をこらしましょう。